わきがに気付いたのはいつから?俺は小学生の高学年からだった

今でも忘れない、小学生の頃。なぜか父親だけ体臭がキツイことに気付いた。

でもそれは、外で働いているから、汗をかいて働いているからだと思った。

父親はクーラーの効いているところで仕事をしてたけど。

 

小学校4年生の頃、隣の席に座った女の子が臭いことに気が付いた。臭いというか、なんか変なニオイである。

ただ、うちの父親とは種類の違うニオイだったし、当時は友達の家に遊びに行っても独特のニオイを感じることが多々あったから、その類のものだと思っていた。

 

そして小学校6年生になり、自分の脇からも変なニオイがすることに気付いた。

この頃から人前で薄着ができなくなったし、プールに入るなんてもってのほかだったんだが、間違いなくうちの父親と似た種類のニオイだった。

 

そして仲よく遊んでいた友達にも似たようなニオイを放っている子がいた。

彼はそんなこと気にしていないのか、袖の無いシャツなんかを着てバスケをしてたりしてたけど、彼のニオイに言及する者はいなかったと思う。

 

もしくは居たのかもしれないけど、俺自身がそうだから、俺のいないところで彼と一括りにして陰口を言われていたのかもしれない。

 

この時に「自分のニオイには自分では気付けない」ということを知った。

最初は彼が根明なんだと思っていたが、彼は他にも身体的な特徴として「唇が分厚い」というコンプレックスを抱いており、ある時口喧嘩のようなものでそれを指摘されたときは、もう手が付けられないくらいに泣き喚いた。

 

そんな彼が、自分のニオイに気付いていないわけはないと思った。

気付いていて、何かしらの対処をしているが「効果が無い」あるいは「対処法の効果が持続している」と思い込んでるかだ。

 

俺は自分の体臭がキツイことを自覚しているが、自分のニオイには自分では気が付けないという人は、体臭で悩んだことが無い人だと思っている。

多くの人は気付いているのだ。気付いているけどどうしようもないということだけは理解して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です